【タイ語初心者】タイ語で「おいくらですか?」(値段を訊く表現)って何ていうの?

タイ語

ส วั ส ดี ค รั บ !

こんにちは!

今回は、日常生活の中で欠かすことのできない「値段を訊く表現」です。

買い物をするとき、旅行をするとき、レストランに入った時・・・

使用する場面はかなり多いですね。

さっそく行ってみましょう!

เท่าไร  (  Thâwrày / タオライ)

「いくらですか?」と値段を訊きたいときには、

เ ท่ า ไ ร ( thâwrày / タオライ) これだけ覚えておけばひとまず大丈夫!

 

タオライは、本当は値段を訊くときだけではなく・・・

例えば他にもこんな風に使えます。

年齢をたずねるときも・・・

อ า ยุ เ ท่ า ไ ห ร่ ( aayú thâwrày /アーユ タオライ)

アーユが「年齢」です。年齢は幾つ・幾らですか?という意味になります。

日にちをたずねるときも・・・

วั น ที่ เ ท่ า ไ ร (wan thîi thâwrày /ワン ティー タオライ)

ワンが「日にち」の意味です。

あまり〇〇ではない、という表現の時にも・・・

ちょっと今までと毛色が違いますが、

あまり〇〇ではない、という表現にもタオライを使用したりします。

ร ถ  ไ ม่  ติ ด เ ท่ า ไ ร ( rot may tit thâwrày / ロット マイティッ(ト) タオライ)

ロットが車、ティットがくっつく。車がくっつくで渋滞。マイが否定の言葉です。

これで「あまり渋滞していません」になります。

まとめ

値段を訊くときは、เ ท่ า ไ ร ( thâwrày / タオライ)!

これで買い物に行けますね!

でも、タイ語で質問するとタイ語で返ってくると思われるので・・・

数字もセットで覚えないとですね!

近いうちに数字の表現も更新します。