【タイ語初心者】タイ語で一人称「わたし」って何ていうの?

タイ語

ส วั ส ดี ค รั บ !

こんにちは!

今日はタイ語の1人称についてです。

タイ語で1人称、「わたし」とか「僕」とかって何ていうか知っていますか?

タイ語にも日本語と同じように、性別や丁寧さなどで沢山の言葉があります。

勉強ついでにまとめます!

ผ ม ( phǒm / ポム)

男性が自分を指すときに使用する言葉です。

I でも My でも Me でも ผ ม ( phǒm / ポム) です。

変化しないのは、素晴らしい!私の頭に優しいですね。

ついでに髪の毛という単語も、声調まで全く同じでผ ม ( phǒm / ポム) です。

わたしの髪の毛で、ポムポムですね。

ดิ ฉั น ( dichǎn / ディチャン)

女性が自分を指すときに使用する言葉です。

・・・と、ผ ม ( phǒm / ポム) と一緒に学校で教わりました。教科書にもそう載っています。

しかしこの ดิ ฉั น ( dichǎn / ディチャン)、どうも殆ど使わない、かなりかしこまった表現のようです。

タイ人の方に「ここ教わった」と教科書見せたら「ดิ ฉั น ( dichǎn / ディチャン)とか使わないなー」と言っていました。

確かにタイに居ても聞いたこと無いかも。(聞き取れてないだけかも。)

日本語がほぼネイティブの方だったので「例えば、【わたくしめ】みたいな感じ?」と聞いたら、

「んー、そんなような感じ」とのことでした。たぶん感覚は合ってます。

ฉั น  ( chǎn / チャン)

女性はดิ ฉั น ( dichǎn / ディチャン)よりもこちらの方が一般的みたいです。

ちなみに教科書には「master or mistress use with servant」 って注釈されてました。

男性女性を問わず使えるってことかな。

でも実は・・・(ここまでやったのに!)

タイ語では主語は省略されたり、自分のことを名前で呼ぶことが多いみたいです。

自分のことを名前で呼ぶのは、日本人の私たちからするとやっぱりちょっと抵抗がありますよね。

ここは無難に・・・ผ ม ( phǒm / ポム) とか、ฉั น(chǎn /チャン)とかを使っておきましょう!