【Viet-Hue Kitchen】シーロムのベトナム料理屋さんで、香草たっぷり晩御飯!

バンコク生活

ส วั ส ดี ค รั บ !

こんにちは!

記事を書いている現在、日付は変わって12月5日です。

今日は、前国王様であるラーマ9世の誕生日なのです。タイはお休みです。

今日は黄色(前国王の誕生日である月曜日の色)の服を着て、外に出かけましょう!

 

ということで、翌日が祝日のため切りの良いところまで仕事して・・・

ちょっと遅めの晩御飯。

BTSチョンノンシー駅から直ぐにある、ベトナム料理店【Viet-Hue Kitchen】にお邪魔しましたよ!

ベトナム料理・・・何が思い浮かびますか?

普段生活していて、あんまりベトナム料理を頂く機会って無いですよね。

やっぱり生春巻きと、米粉を使った麺料理であるフォー

・・・

とても失礼なのですが、そのくらいしかイメージがありませんでした!

今回伺いまして、「ベトナム料理ってこうなんだ!」ってイメージが1つ増えました。

それは・・・

香草が別皿でどっさり! Grilled Skewer pork balls(150バーツ)

ベトナム料理の新イメージ、そえはとにかく【香草がたっぷり】ということ!

Grilled Skewer pork ballsは、メニューの1ページ目に大きく載っていたメニュー。

「ソーセージっぽい何かだろう・・・」

・・・くらいの軽い気持ちで注文しましたが、出て来たのはこちら!

わーい今日の野菜摂取はばっちりー。

凄いのが来ました。プレート上にも結構野菜が盛ってありますが、別皿でさらにどーん。

プレートには、レタスにはと生春巻きの皮が交互になっています。

つまりこれは・・・「手巻き生春巻き」みたいな食べ方をするん・・・ですよね!?

店長に特に何も言われなかったから、多分あってます。

Bun bo hue (120バーツ)

こちらもメニューに大きく「スペシャルメニュー!」

・・・って載っていたので思わずオーダー。(ちょろいやつだ・・・)

ブン=米麺、ボー=牛肉、フエベトナム中部の街。という事らしいですよ!

ちょっとだけ辛みのある感じでした。

最初から結構パクチー載ってましたが、ソーセージで余った香草入れまくって頂きました。

お味の方は、この値段も考えてまぁまぁかなというところ。

正直個人的には、普通のフォーの方が好きかも。ごめんなさい。

インスタント香草講座

ボールの中の香草については、帰ってから調べてみました。

(写真無でこれを書く勇気)

 

・オリエンタルバジル(タイバジル?)

これはタイ料理でも良く見かける、赤い茎のやつでした。

麺類や生春巻きで良くつかわれるそう。

 

・リモノフィラ

茎にほんの小さい葉っぱが沢山の香草。

何故かホトケノザを連想したけれど、ホトケノザの画像を調べたら全く似ていなかった・・・

牛肉のフォーと相性が良いそう。

 

・ヤナギタデ

ことわざに登場するあの「タデ」。

これもチムチュムで見た気がするけど・・・意識して食べるのは初めてかも。

ホビロンという、羽化寸前のアヒルの卵料理には欠かせないそう。

 

この3種類がメインだったような気がします。

ハーブの世界・・・奥が深いですなぁ・・・

お会計

飲み物はレモンティー30バーツをオーダーしていたので、

合わせて300バーツでした。

コミコミ価格です。わーい。

詳しい場所とまとめ

お店はこちらになります。

最寄はBTSのチョンノンシー駅ですね。

ベトナム料理は「香草たっぷり」!

ちぃ、覚えた。

もう少しで閉店の時間にお邪魔してしまいましたが、

店長?のおっちゃんは気持ちよく対応してくれました!

メニューは100バーツ~200バーツのものが殆どで、お手軽に利用できそうです。

後輩にベトナム料理スキーが居るので、今度一緒に伺いたいと思います!